鋼タイプ学科・ギギギアル学科専攻研究所

鋼タイプ学科・ギギギアル学専攻研究所

ギギギアルを考察するだけのぺーじ。ざんくらのざんくらによるざんくらのための壮大なメモ帳。 // @zahnradpoke。ギギギアル軸最高1969/s2。ギアギア軸最高1944/s8。

【型考察】鉢巻ギギギアル【対キノガッサ】

「ギアソーサーは襷を貫通する。」

 

f:id:zahnradpoke:20171215170338p:plain

 初手性能を極限まで高めたギギギアルである。対面構築にねじ込むならこれ。対面構築使いには怒られそうだが。

 

・強み

 対ミミッキュ・テテフ性能をそのままに、 なんとあのキノガッサを無償突破することができる。強すぎる最強と言っていい。このためだけに存在すると言っても過言ではない。

 また、通常の型に比べて後続に負担をかけやすい。火力は知れているが、相手が受けを威嚇に依存しているランドロスギャラドス等で受けまわしに来た時は特性クリアボディにおり大きく負担がかけられるため、強い。

 あくまで相手依存であるが、挑発を打たれる展開がある。その場合、おいしい。

 

・主な役割対象

マンムー ーー陽気にして最速マンムー抜きまでSを伸ばすことで、初手の襷マンムーに滅茶苦茶強い。何もさせずに粉砕する。

キノガッサーーB4に対して陽気特化で乱数62.5%、意地っ張りA228から確定1発。当然襷を貫通する。

ミミッキューーいつもの。ASなら陽気でも皮を貫通して一撃。舐め腐ってチュインチュインしてる間に粉砕できる。Sの振り方次第では意地ミミッキュはおやつ。

テテフーー襷挑発はおやつ。Sの振り方次第では控え目テテフもおやつ。きあいだまはしらない。鉢巻はASベースになりがちなので後投げは厳しいです。

 

・調整案

 基本的に、「ASぶっぱから、意地っ張りにするか陽気にするか選択」でよい。H4 AS252振りから性格を選択。マンムーを意識するなら陽気キノガッサを意識するなら意地っ張り。どうしても耐久調整を施したい場合のASの値を以下に記す。

 

・意地っ張り A228 S196 余り84 

 最速キノガッサ抜き、かつキノガッサが確定一発。キノガッサに強い。が、陽気マンムーに抜かれる。キノガッサに対して最大乱数切り1発まで落とす場合はA204。

 

・陽気 A252 S204 余り52 

 準速ミミッキュ抜き。マンムーミミッキュ、テテフに強い。が、キノガッサが怪しくなる。B4キノガッサが乱数62.5%。Aを削るとH4ミミッキュが確定から外れるため、これ以上はAを削りたくない。

 

・取り巻き

 拘りを解除しやすいサイクル構築、もしくは対面構築に近い組み方をして対ミミッキュキノガッサ兵器として添えるのがよいだろう。特にギギギアルと相性がよく、「先発にキノガッサマンムーを誘えるような」面子で固めるとよい。サイクルとしてはメガボーマンダ、メガリザードンカバルドンウツロイド。対面としては、メガガルーラガブリアスキノガッサなどが挙げられる。

 

 以上です。新たな発見があり次第更新します。(2017/12/15 ざんくら)