鋼タイプ学科・ギギギアル学科専攻研究所

鋼タイプ学科・ギギギアル学専攻研究所

ギギギアルを考察するだけのぺーじ。ざんくらのざんくらによるざんくらのための壮大なメモ帳。 // @zahnradpoke。ギギギアル軸最高1969/s2。ギアギア軸最高1944/s8。

【型考察】電気Zギギギアル

 筆者が判断するところ最強の型。最も信頼しているギギギアルの型と調整案について、雑にごそごそと書いていきます。

f:id:zahnradpoke:20180509142043p:plain

・調整

 共通項

ギギギアル@電気Z / 性格いじっぱり

ギアソーサー / ギアチェンジ / ワイルドボルト / 電磁浮遊

 技構成はこれで確定。電磁浮遊を外した場合ランドロスで止まる。ランドロスの採用率、特性クリアボディを活かすためにも、ランドで止まるような型にはしたくないためデンキZ型はこの技構成以外あり得ない、と考えています。

 ランドロスを意識しないなら電磁浮遊の枠は自由

 

 

調整1 汎用型HAsベース

H172 A252 S84

 ギアチェンジ後臆病スカーフテテフ抜き。高くHを保つことでBD方面そこそこに耐久を確保することが出来、ミミッキュテテフ双方に対してある程度安定する。ギギギアルに関しては(持ち物に関わらず)この調整がオススメ。

 

調整2 アーゴヨン意識HAdベース

H172 A252 B4 D60 S20

 臆病アーゴヨンの大文字確定耐え、かつHを上記と同じにまで確保した調整。Sは4振りランドロス抜き。チョッキやゴツメランドに対して上から電磁浮遊ができたらいいかなぁ、程度の意識。アチェンジしても最速スカーフランドロスを抜けないため、注意。

 

調整3 アーゴヨン意識ADベース

 H68 A236 B4 D196 S4

 ADギギギアルステロ+アーゴヨンの大文字確定耐え。これ→

【型考察】ADギギギアル【対ギャラアーゴヨン】

 硬い。ここまで特殊耐久に厚く振れば、控え目レヒレの水Zを悪くない乱数で耐える(乱数一発37.5%)ため、ヒレの前でギアチェンジしやすくなる。ただし、若干Aを削っているので無振りコケコへのソーサー乱数がズレる(62.5%→50.0%)。注意。

 

調整4 汎用型ASベース

H124 A252 S132

 ギアチェンジ後陽気スカーフガブリアス抜き。速い。ガブリアスについては安定するが、脆い。六世代ならこの調整一択だったが、今は個体数と他への役割を考えると微妙かもしれない。パーティとしてガブリアスまで意識する必要があるかどうか、というところ。

 

 

 ・デンキZ型総評

 電気Zを持つ主な利点は「反動無し高火力電気技を放てること」「起点範囲が広がること」「相手の鋼に対して最大打点を持てること」の三つ。

 特にデンキZ型は以下のポケモンを起点とすることが出来る。これが大きい。

 

メガギャラドス / ギアチェンジ後最速舞ギャラドスの上からデンキZで確定一発。威嚇無効。

テッカグヤ / 炎Z以外完全に起点。デンキZを守られると面倒くさい。

カプ・レヒレ / 控え目水Z、臆病挑発がつらい。それ以外なら起点。

ドヒドイデ / 焼けないで。ギアチェンジ後デンキZで当然の確定一発。

 

 ついでに

メガバシャーモ / A1上デンキZで無振りメガバシャ確定一発。(105.8%~

 

 ガルドやグロスを落としたかったら気合で三回くらい巻いてください。

 この型の課題として「ボルトロスヒートロトム、リザXあたりに全く打点がない」というものが挙げられます。しょうがないですが。恩返しかギガインパクトが欲しいところですね。

 

 以上です。なんかあったら追記します。(/・ω・)/

 

 

 

複合に電気タイプください。